おすすめ:アメリカ株の高配当株情報などを日本語で無料配信・・・モトリーフール はアメリカ株情報が豊富なメルマガサイトです。無料メルマガ登録はモトリーフール
こんにちは

セミリタイア生活のための実践記録ブログ!?

2020年3月31日

セミリタイア

そう、その「セミリタイア」言い換えれ「セミ(半分)」「リタイア(引退)」

セミリタイアを目指すためのブログです。

セミリタイアまでの道のり

セミリタイアとは!?

にはじまり

セミリタイアのきっかけ

現在地などを

まとめてみます

 

 

セミリタイアとは!?

セミリタイア

分解すると

セミ=半分

リタイア=引退

セミリタイア=半分引退生活

 

 

セミリタイアに必要なこと

セミリタイア半分引退生活はだれでもすることが

できるわけではありません。

必要な要素

・給与収入以外の定期収入の確保

・支出の監理

それから

・セミリタイアしてなりたい自分像

といったところでしょうか?

 

収入源の複線化セミリタイアへ!

資産1000万円。これでざっくりどの程度せいかつできるだろうか?

支出が月10万円の一人暮らしの場合

1000万円÷10万円=100か月(8年4か月)

前提条件通りなら8年ちょっと生活できる計算です。

しかし8年後を考えると不安です。

では次に

資産1000万円。これでざっくりどの程度せいかつできるだろうか?

支出が月10万円の一人暮らしの場合

ここまでは同じ

しかしこの資産を10%で運用したとしたら。

収入年100万円

支出年120万円

年間損益-20万円

資産1000万円÷20万円(年間支出)=50

50年生活できることになります。

しかも月数万円程度働けば

年間損益プラス。

 

セミリタイアはじめの一歩 収入の複線化

収入を会社からの給与収入100%からの脱却すること

給与90% 株5% ソーシャルレンディング5%

その後

給与70%  株10% ソーシャルレディング10% インターネット収入10%

というように給料以外の収入源をつくっていくこと

セミリタイアステージ

1:複数の収入源をつくり給与収入の割合を減らす

2:給料収入以外で生活費をまかなえるようにする

3:全収入に占める給与収入の割合を50%以下にする

 

セミリタイアと完全リタイア

継続的安定的に給料収入以外で生活費をまかなえるようにする

全収入に占める給与収入の割合を50%以下にする

これが達成できれば完全リタイアも視野に入ってきます。

「お金にとらわれず、働きたいときに働ける、

働く選択肢以外に働かないという選択肢も選べる」

収入がネック

ストレスがたまるが生活のためにやめられない

そんな悩みフリーな働き方ができればと思う日々です